院長ご挨拶・医師紹介



かいクリニック院長

甲斐 睦章

開院のご挨拶
平成25年6月1日、宮崎市神宮町で開院させていただきました。 当クリニックは、北側に霊験あらたかな宮崎神宮、西側には県立図書館、芸術劇場、文化公園が控えており、歴史と芸術・文化の中心ともいえる場所で診療を行わせていただいております。

院長プロフィール

延岡市生まれ、城山の鐘の音を聞き、五ヶ瀬川の鮎で育ちました。

宮崎医科大学医学部医学科を昭和63年に卒業し、その後は九州大学整形外科学教室に入局させていただきました。

福岡市や山口市の病院で研修後、平成6年に宮崎市小松に在ります財)潤和リハビリテーション振興財団・潤和会記念病院に赴任することになりました。同院で2年ほど勤務の後、関節リウマチをもう一度学び直すため、卒後3年目でお世話になった国立病院九州医療センター(現独立行政法人九州医療センター)の近藤正一先生(現近藤リウマチ整形外科クリニック院長)に2年間みっちりとリウマチの診療、関節外科手術を教えていただき、平成9年より再び潤和会記念病院赴任し、同院にて平成25年3月まで診療を行って参りました。

九州大学整形外科学教室の関連病院の研修では、杉岡名誉教授、岩本教授のご指導の下に諸先輩方から基礎を教えていただき、潤和会記念病院では大野理事長のご指導を受け、実践の医療、リウマチの薬物療法から手術、人工関節手術を中心に行っておりました(人工関節手術実績参照)。

開院にあたり、これまで多くの方々に支えられてここまで来られたことを決して忘れることなく、地域医療におけるクリニックとしての役割(リウマチ診療を第一線で)を存分に果たしていく所存であります。 これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。